毎日をベストコンディションで過ごしたいのに、デリケートゾーンのトラブルがあると、テンションが下がってしまいますよね。

デリケートゾーンの痒みや臭いの原因は、ムレからくるようです。

デリケートゾーンのムレの原因

・下着の素材や締めつけからムレが起こることが多いようです。

特に生理の時は、漏れを防ぐためにピッタリした生理用ショーツや下着を選びがちですが、それがムレの原因となります。

また、少しのおりものでも、おりものシートを使う習慣がある人は痒みやムレの原因となることがあります。

・デリケートゾーンは脇の下と同じように汗をかきやすい部分なので、湿気が多くムレやすくなります。

デリケートゾーンは、臭いのするネバネバしたアポクリン汗腺もあるため、おりものや尿、などと混ざって脇の下以上のきつい臭いを発します。

デリケートゾーンはまさに過酷な状況にあるわけです。

デリケートゾーンのムレ対策

・下着は通気性のよいコットンなどを選び、ガードルやボディスーツで締め付けないようにし、血流を良くすることも大切です。

また、フイットしすぎるパンティストッキングやタイツをはくことも、ムレの原因になります。

生理の時のデリケートゾーンのムレ予防のためには、パンツスタイルよりも、ジャンバースカートなどにハイソックスなどで過ごす方が、ムレを防ぐことができます。

ナプキンも通気性の良いものを選び、ムレやすい人はおりものシートは、なるべく使わないようにしましょう。

・入浴の際などは、爪を立てないように優しく洗うことが大事です。

デリケートゾーンは粘膜に近く皮膚が薄いので、少しのトラブルで傷ついてしまうことがあります。

デリケートゾーンのトラブルである臭いやかゆみなどもムレからきていることが多いので、毎日きれいに洗うことは大切ですが、ゴシゴシと洗いすぎるのは禁物です。

アンダーヘアの処理でムレを防ぐ

アンダーヘアを自分で処理する方法として、剃ったり、抜いたり、ワックスや脱毛クリームを使うなどがあります。

カミソリで剃ったり、毛抜きを使って1本ずつ抜いたりすることでムダ毛を処理できますが、細菌感染の心配があります。

ワックスや脱毛クリームを使っての処理は、ひんぱんに脱毛をおこなわずにすみます。

しかし、自分で脱毛すると皮膚に負担を与えてしまうこともあるので、長すぎるアンダーヘアをカットしたり削ぐだけでも、おりものや尿などがヘアに付着する率が低くなります。

まとめ

デリケートゾーンのトラブルは痒み、臭い、ムレが同時進行で起こる場合が多く、皮膚に炎症が起こりやすく、治りにくいのが特徴です。

体の表面は汗をかいてもすぐ拭くことができますが、デリケートゾーンはそうもいかないので、適度に風が通る下着やファッションを選び、ムレを防ぎ常に清潔を心がけるようにしましょう。