毎日お風呂に入って、こまめに下着を取り換えていても、生理や生理の前後はデリケートゾーンの臭いがきつくなり、他人に臭わないかなどと必要以上に気になることがあります。

あの嫌なにおいの原因は、いったい何なのでしょうか。

デリケートゾーンをいつも爽やかな状態に保つには、どうすればよいのでしょうか。

デリケートゾーンのニオイの原因はさまざまです

すそワキガ

デリケート部分が臭う原因はさまざまですが、厄介なのはワキガと同じように臭う体質で、医学的には外陰部臭症と言う、「すそワキガ」です。

汗には、サラサラした汗とネバネバした汗がありますが、サラサラした汗はエクリン汗腺からの汗で、この汗腺は全身に分布しています。

ネバネバした汗はアポクリン汗腺からの汗で、脇の下や耳、乳輪、陰部などに分布しています。

ワキガ体質の人は、脇の下以外でもアポクリン汗腺が活発なために、デリケートゾーンにもきつい臭いが発生する可能性があります。

雑菌の繫殖によるニオイ

汗や皮脂、おりものや尿、便などが目に見えなくても下着に付着しています。

これらが雑菌のエサとなり時間が経つにつれて繁殖してきて、不快な臭いを放ちます。

病気が原因のニオイ

トリコモナス膣炎、カンジダ膣炎、細菌性膣炎、淋病、子宮内膜炎、子宮頸がんなどでも臭いはきつくなります。

今までよりもおりものの量が増えたり、色が違ったり、臭いがきつくなったりする場合は、単なる生理的原因ではなく病気の場合もあるため婦人科などを受診するようにしましょう。

生活習慣によるニオイ

不規則な生活習慣によって体臭が強くなることもあります。

栄養不足や肉やニンニク、香辛料などを多く摂るなどの偏った食事や、睡眠不足、運動不足などでホルモンバランスが崩れてもデリケートゾーンの臭いがきつくなります。

デリケートラインのニオイ対策

嫌な臭いの防止対策としては、通気性の良い下着をつけ、汚れたり汗をかいたらこまめに取りかえ、雑菌が繁殖しにくい状態にしておくことです。

外出先や職場で臭いが気になるときは、トイレでデリケートゾーン専用のウエットティッシュを使って、きれいに拭き取るようにします。

乾いたティッシュでは、臭いをとることができません。

臭いを気にするあまり、入浴時にボデイソープなど洗浄力の強い石鹸でデリケートゾーンを洗うと、常在菌まで洗い流してしまいトラブルの原因になりかねないので、デリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。

まとめ

これといった原因もないのにデリケートゾーンが臭うようなら、仕事や家事の疲れから、自律神経のバランスが乱れているのかもしれません。

生理不順や、デリケートゾーンのトラブルは、自律神経の乱れが原因で起こることがあります。

心身ともに余裕がなくなくなるとデリケート部分の自浄作用が低下して、臭いがきつくなるようです。

今までの生活を、ふり返ってみることも大切です。