生理の終りかけや、生理の終わった後でデリケートゾーンのニオイをきつく感じることはありませんか。

やっと終わったというのに憂鬱になってしまいますよね。

生理中に臭いが強くなる原因

生理中に臭うのは経血のニオイではなく、はがれた子宮内膜が雑菌が繁殖するのに適しているため、雑菌や細菌が繁殖して嫌な臭いを放つからです。

経血がアンダーヘアについたままだと、せっかくナプキンを交換しても臭いは改善できません。

ナプキンの交換時にはウエットティシュでアンダーヘアの汚れを拭き取っておくようにしましょう。

生理後に臭いが強くなる原因

膣は、雑菌を寄せつけないように常に弱酸性を保っていますが、おりものも膣や子宮に雑菌が入るのを阻止するために生理中には酸性の分泌物を多く出します。

生理が終わった後もしばらくは酸性の分泌物を出し続け、酸性の鼻にツンとくるような臭いがきつく感じられます。

また、経血が出しきられていず、膣内にとどまっている場合も生臭いような臭いがします。

臭いの感じ方は人それぞれなので、特に臭いを感じない人もいます。

生理後の臭い対策

膣内に経血がとどこっていると、いつまでもダラダラと出血します。

おりものシートなどの使用もデリケートゾーンのトラブルの原因となるので、多用するのも考えものです。

膣内洗浄をすると、効果的に汚れや臭いがとれます。

方法としては、婦人科で洗浄をする方法と、自宅で膣内洗浄剤を使ってケアする方法があります。

しかし、膣内は本来弱酸性に保たれているため、膣内まで洗浄する必要がないとも言えます。

膣内を洗いすぎることによって、膣内を保護する良い菌まで流してしまうことにもなりかねなません。

悩むほど臭いがきつい場合やあまりにもダラダラと茶色いおりものが続くようなら、病気の可能性もあるので、婦人科を受診しましょう。

その他にも生理中や生理後の臭いがきつくなる原因として、疲れやストレス、食べ物などで血液が体が酸性に傾いている場合も、生理のトラブルが起きやすいといわれます。

肉類や甘いものの過剰な摂取は、生理のきつい臭いの原因になるようです。

まとめ

臭いにあまり敏感になり過ぎるのも考えもので、心を病んでしまうことさえあります。

ナプキンをこまめに替える、アンダーヘアを常に清潔に保つ、偏った食事をせず適度な運動をするなどで、生理中や生理後の臭いは改善されます。

神経質になり過ぎることなく、自分の体と向き合って生きていきましょう。