生理時に デリケートラインが痒い症状は誰にでもおこりますが、掻くと爪などで傷をつけてしまい、ばい菌が入り炎症を起こす可能性があるので、掻かないようにしましょう。

生理時の痒みは、雑菌の繁殖が原因の場合が多いようなので、できる限り雑菌を繁殖させない環境を保ちましょう。

生理時に陰部が痒くなる原因

ふつうの状態でも皮脂や汗、おりものなどが下着について雑菌が繁殖することでデリケート部分が痒くなるのに、生理中はより痒くなってしまいます。

ナプキンを交換するときにデリケートゾーンに経血が残っていたり、アンダーヘアに付着している場合は、せっかく交換しても不衛生な状態なので、時間が経つと雑菌が繁殖し、ムレや臭い痒みなどの原因となってしまいます。

また、ナプキンの装着がきちんとされていないとズレてナプキンと陰部がこすれて痛みや痒みがひどくなることがあります。

もともと肌の弱い人は、ナプキンでかぶれやすくムレて痒くなりますが、我慢できないほどの痒みは、カンジダ膣炎やクラミジア、ヘルペスなどの感染症、毛ジラミなどが原因の場合もあります。

異常なほどの痛みは、市販の薬を塗っただけでは治まらないので、婦人科を受診するようにしましょう。

デリケートゾーンが痒くなった時の対策

痒みは我慢できないものです。痒いところを清潔にしてから市販の塗り薬で対処しましょう。

市販の塗り薬はデリケート専用のものを選び、非ステロイド軟こうを選ぶようにしましょう。

生理中は特に締め付け感が強い下着やパンティストッキングは血行不良を起こし、陰部の痒みだけでなく生理痛を引き起こす原因となってしまいます。

また、生理用品にも相性があるので、今まで使っているナプキンを代えてみるのも一つの方法です。

陰部が痒くなって熱を持った状態の場合は、小さな保冷剤をガーゼのハンカチなどに巻いて冷やすと治まります。

デスクワークなどで座り続けて仕事を続けると、疲れがたまり神経も高ぶってデリケート部分も緊張状態から痒くなります。

少なくとも2時間以内に1度は立って深呼吸をしたり、軽いストレッチをして、心身の緊張を緩めるようにましょう。

まとめ

生理時の痒みは、女性の大半が経験しているようです。

清潔にしようと洗えば洗うほど痒くなったり、下半身の冷えを防ごうとぴったりした下着を重ねばきすることでムレて痒くなるなど、良かれと思ってしたことが裏目になる場合もあります。

生活習慣を振り返って、一つ一つ改善することによって、生理時の痒みは防ぐことができます。