デリケートゾーンが痒くなることは、誰にでもあると思います。

ただ、場所が場所だけに人前で掻くわけにもいかず、冷や汗が出る思いですよね。

よく効く軟膏や、かゆみを防ぐ方法はないものでしょうか。

デリケートゾーンの痒みの原因

デリケートゾーンの痒みの原因のほとんどは、ムレからくるようですが、花粉症や、アレルギー性鼻炎などアレルギー体質の人は体が痒くなることが多いようですが、やはりデリケート部分も痒くなります。

特に下腹部は脱いだり着たりの温度調節がしづらく、寒いからと冷え対策に厚手の下着やタイツをはくと、暖房の温かさで汗をかいてムレてしまいます。

汗は塩分を含んでいるので、ピリピリとして痛痒くなってしまいます。

病気が原因で、デリケート部分が痒い場合もあるので、注意することが大切です。

特に糖尿病は、陰部に痒みが生じるようです。

女性器はとても複雑な形になっているので、恥垢が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。

また、生理のナプキンやナイロンの下着などでも、炎症が起こりやすくなります。

デリケートゾーンの痒み対策

痒みが単に生理的なものか、病的なものかを見分けて、膣炎によるものなら内服液や外用薬などで治療する必要があります。

特に原因がなくデリケートゾーンが痒くなる「陰部掻痒症」や分泌された皮脂が空気で酸化され、雑菌が繁殖して炎症を起こして痒くなる陰部の「脂漏性皮膚炎」などの痒みは、抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏などで改善できます。

しかし、素人判断では重大な病気を見逃すこともあるため、長引くようなら皮膚科や婦人科に相談しましょう。

痒みが単なる汗やムレが原因なら、生理や生理の前後ナプキンやおりものシートはまめに変えるようにしましょう。

下着は通気性のよいものにし、きついガードルやピチピチのジーパンは、はかないようにすることも痒みの予防になります。

また、デリケートゾーンをていねいに洗うことも大切です。

その他にもアンダーヘアが抜けて陰部を刺激して痒みが起こることもあるので、ある程度カットしてお手入れをしておくことも必要です。

まとめ

デリケート部分の痒みの原因は、おりものや汗、尿による汚れ、生理用品によるかぶれ、下着による締めつけや繊維による刺激、睡眠不足やストレスの蓄積など、さまざまな要因が重なっておきているようです。

デリケート部分のトラブルを解消することは、元気に前向きに生きていくきっかけにもなります。