クラミジアの性病検査

クラジミアの性病検査には血液検査、尿検査、おりものの検査、のどの粘膜の検査があります。

女性の場合は、この中でも血液検査と、おりものの検査をされる場合がほとんどです。どの検査をするかは、検査に行った場所によって変わります。

例えば、保健所で検査を行ってもらう場合は、血液検査が行われます。血液中にクラミジアの感染によって生成された抗体があるかどうかを調べるのです。

検査方法は、普通の血液検査と同じで、血液を採取して検査機関で調べるかたちになります。

この方法で検査した場合、一度でもクラミジアに感染した事があると、抗体が存在するので陽性になります。

しかしこれだけでは、今感染したのか、以前に感染したのか、感染した事があるけれども治ってしまっているのか判断が付きません。保健所の血液検査だけでは、感染の可能性があるかどうかということしか判りません。

一方、産婦人科などで検査をする場合は、主におりものの検査をします。

この検査はPCR検査と言われ、膣内の内側の粘膜を綿棒の様なものでこすり、おりものを採取します。このおりものの中にクラミジアがあるかどうかを直接調べるのです。

もし、おりもの検査で陽性になれば、クラミジアに今現在感染している事が解ります。

正確にクラジミアに感染しているかどうか知るには、医療機関に行ってきっちりと調べる方が正確です。現在の状況がわかり早く治療ができるメリットもあります。

淋病の性病検査

女性の淋病の性病検査には、膣やノドの粘膜を採取して調べる方法があります。

淋病に感染すると、女性は子宮頚管炎を起こしますが、感染したまま放置しておくと、卵管周囲の癒着や骨盤腹膜炎をおこし、 子宮外妊娠や不妊症の要因になることもあります。男性と違って女性は淋病に感染しても症状が出にくいので、注意が必要です。

女性が淋病の検査を行う場合、膣の中に綿棒のような検査器具を数センチくらい入れ、膣の内にある粘膜の部分を軽くこすって膣からの分泌物を採取します。

分泌物を採取する時には特に痛みなども無く、時間もわずかしかかからないので心配はいりません。

または淋病は性器の周りだけではなく、ノドに感染することもあるので、ノドの検査も行います。こちらもカルポーターという綿棒のようなものでノドを軽くこすり、粘膜を採取して淋病の菌が存在するかどうかを調べます。

淋病の菌の有無は、顕微鏡をつかって調べることもありますが、女性の膣やのどの粘膜から採取した検体には、他の菌が多く混じっているので、顕微鏡を使って淋菌を見つけることができるのは、女性淋菌感染者の半分くらいだと言われています。

現在、淋病の検査に主に用いられているのは、PCR法やSDA法と呼ばれる淋病のDNAを検査する遺伝子検査法です。

この検査方法は精度がよいのですが、専門の検査機関で行うので検査結果がでるまでに4,5日かかります。

淋病の検査は、産婦人科などの病院で行うことが望ましいですが、忙しくて時間が取れないという人には検査キットを購入して自分で調べるという方法もあります。

淋病の女性用検査キットは5000円程度で購入することができますし、宅急便やメール便で検体を送って自宅に検査の結果が送られてくるのを待てばいいので、手軽で便利です。

カンジダの性病検査

カンジダの性病検査には、膣内の分泌液を採取して、それを培養して調べます。

検査にあたっては、まず長い綿棒のような器具を使って膣の粘膜にある分泌物を採取し、それをカンジダ菌だけが繁殖することができる培養地の中にセットします。

もしカンジダに感染していれば、カンジダ菌が培養地でどんどん繁殖するのでカンジタ菌が存在していることがわかるという検査方法です。

カンジダの性病検査は産婦人科で簡単に受けることができますし、時間も短時間ですみ、検査にともなう痛みなどの心配もほとんどありません。

忙しくて、なかなか病院まで検査に行く時間が取れなかったり、他の人に知られること無く検査を受けたいという人には、カンジダの検査を自宅で手軽に受けることができる、検査キットも販売されています。

キットの中にある長めの綿棒の先を膣口から3~5cm程度挿入してから何度か回転をさせ、膣内の粘膜にある分泌液を採取してカンジダ培地チューブの中に綿棒を差し込んでキャップを閉めるだけなので、誰にでも簡単に利用することができます。

検査物を検査依頼書と一緒に入れて投函すると、数日で衛生検査所に到着し、数日で正確な検査結果を知ることができます。

カンジタ性病検査のキットは4000円程度から購入することができるので、こちらを使ってみるのもよいでしょう。

生理中であったり、妊娠中や妊娠している可能性があるときには、カンジダ検査をすることはできませんから、産婦人科の医師に相談をしましょう。

トリコモナスの性病検査

トリコモナスの性病検査には、トリコモナスを顕微鏡で確認する検査と遺伝子検査があります。

遺伝子検査は、非常に精度が高いのですが、顕微鏡検査でも十分な検査ができるので、あまり一般的には行われていません。

トリコモナスの性病検査で主流なのが、顕微鏡によるトリコモナスの確認です。女性のトリコモナスは、大きく特徴的な形をしているので、簡単に存在を確認できます。

女性であれば膣分泌物を綿棒に少し取り、それを提出して顕微鏡でトリコモナスがいるかどうか確認します。病院ですぐに検査結果が分かるため、トリコモナスの検査はほぼこれ一本です。

ただ、この方法の検出率は、検査をする医師の経験と腕に依る部分が大きく、熟練した医師であれば、ほぼ確実にトリコモナスの有無を判定できますが、経験が浅い方だと見落としてしまうこともあります。

医師が、顕微鏡の観察では十分に判定できないと考える場合もあります。

こんなときは、より検出精度を上げる方法として、綿棒で採取した膣分泌物を培養し、トリコモナスの数を増やして観察するというものがあります。これは培養に数日かかるものの、より確実に判定をすることができます。

ちなみに自宅などで綿棒で採取した膣分泌物を検査キットに入れて郵送し、検査する手段もあります。

ただし、この方法は郵送中にトリコモナスが死んでしまうため、検出の精度は下がってしまいます。

梅毒の性病検査

梅毒の性病検査には、女性も場合も男性の場合も血液検査が用いられています。

梅毒はトレポネーマ・パリズムという病原微生物が皮膚や粘膜にある傷から身体の中に入り、全身に広がることによってよって引き起こされる病気です。

しこりやリンパ節の腫れからはじまり心臓や脳など全身の臓器がおかされていくので、検査による早期発見が非常に大切です。

梅毒の性病検査は、採取した血液の血清の中にある抗体が、牛からとったカルジオリピンという脂質を抗原に反応するかどうかで調べられます。

これにワッセルマン反応、緒方法、ガラス板法などがありますが、総称してSTSと呼ばれています。このSTSは、梅毒に感染してから4週間前後で陽性になるので、検査は4週間以降に行うことが必要です。

梅毒の病原体そのものを抗原とし血清をくわえて反応を見るTPという方法もありますが、この方法によって陽性の反応がでるのは、完成してから6週間後とさらに遅くなります。

女性の梅毒の性病検査は、産婦人科などで行うことができますが、病院まで行くのがためらわれる人には梅毒専用の検査キットも販売されています。

梅毒専用の検査キットでは、ランセットという血液を取る器具を使って指先を針でつき、出てきた血液を専用のろ紙に採取します。

個人差はありますが、針は瞬間的に出て引っ込むので、それほど強い痛みがあるものではありません。指先から出た血液をろ紙数枚に採取しますが、検査の対象となる成分を安定させることができるので、正確に検査を行うことができます。

採取した血液を検査申込書と一緒に投函すると、数日で検査の結果を知ることができるので手軽で便利です。梅毒の検査キットは3000円程度から販売されているので、梅毒の検査にこちらを利用するという方法もあります。

エイズの性病検査

エイズの性病検査は、女性も男性も血液検査によって行われます。

エイズの性病検査では、後天性免疫不全症候群とも呼ばれるエイズの原因となるウイルス、HIVに感染しているかどうかを調べます。

HIVに感染すると、身体の中でHIVウイルスが増え、それに対する抗体が作られます。一般的なエイズの性病検査では、血液の中にHIVに対する抗体があるかどうかを調べる抗体検査が行われています。

エイズの性病検査では、はじめにスクリーニング検査という1次検査を行いますが、もし陽性という結果が出た場合には、さらに2度目の確認検査をシステムになっています。

エイズは感染してから4週間くらいたってから血液中にHIV抗体が検出されるようになるので、それより以前に抗体検査を受けた場合は感染していても陰性となる可能性があるので注意です。

またスクリーニング検査では、まれに特異反応によってエイズに感染していないのに陽性になってしまうことがあるので、2度目の確認検査を必ず行う必要があります。

現在全国のほとんどの保健所などで、エイズの性病検査は無料、しかも匿名で受けることができます。病院でも検査を受けることができますが、費用は7000円程度かかるのが普通です。

忙しくて、なかなか検査を受けられないとい場合には専用のキットを利用して自宅で血液を採取して郵送で送り、HIV抗体が存在しているかどうかを調べるスクリーニング検査をしてもらう方法もあります。

この検査キットは5000円程度から購入することができるので、こちらを利用するのもよいでしょう。

郵送の検査

性病検査キット専門店 宅配ドクター

病院へ行く時間が無い方や、病院へ行くと同居の方に病名がバレてしまうのでしまうので行きたくない方は時間や場所を選ばない郵送検査キットがおすすめです。

配送のプライバシーは、十分配慮されており中身が何かわからないように発送され伝票にも記載されておりません。

また、ヤマト運輸の営業所であれば配送所止めも可能ですので、購入の際に備考に書き込めば対応してもらえます。

宅配ドクターの検査であれば、国に認定された検査所で検査がなされるので検査精度は安心です。

検査結果は郵送での通知とインターネットの通知を選べるので、自宅に届けてほしくない人でも安心です。