デリケートゾーンは他人と比較することはできませんが、遺伝的なこともあり、本当は悩むに足りないことなのです。

色の黒い人は、当然デリケートゾーンも黒ずんでおり、色の白い人は黒ずみも少ないものです。

しかし、黒ずみは当たり前とはいうものの、好きな人やパートナーにデリケートゾーンの黒ずみを指摘されたりすると、落ち込んでしまいますよね。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

・一番の理由は

色素沈着

です。

ではなぜ、紫外線を受けるわけでもないのに色素沈着がおきるのでしょうか?

乳首やデリケートゾーンはメラニン色素が多いため、東洋人のほとんどが多少なりとも黒ずんでいるのがふつうのことなのです。

少女時代は、メラニン細胞もさほど活発ではありませんが、年齢とともにデリケート部分は黒ずんできます。

これは、女性ホルモンの関係から年々色素が沈着するからです。

・汚れが原因の場合もあります。

生理の経血やおりものがデリケートゾーンにそって付着し、痒みやかぶれなどの炎症をくり返すことによって、色素沈着が起こりやすくなります。

・アトピー性皮膚炎などの疾患がある人は、皮膚が薄いデリケートな部分にも炎症が起きやすく、黒ずみの原因となります。

・加齢によりシミができるように、女性ホルモンの分泌が減り、デリケート部分も色素沈着しやすくなってきます。

デリケートゾーンの黒ずみ対策

ナイロンなどのピッタリした下着をいつもつけていると、デリケート部分と接触して、刺激によってデリケートゾーンが徐々に黒ずんできます。

下着を選ぶ際には、シルクやコットンを選ぶようにしましょう。

ビキニラインの黒ずみも下着のラインにそっておこりやすいので、トランクス型などにするとよいでしょう。

黒ずみをこれ以上進めないためにも、寝るときはノーパンで寝るのもよいですね。

昔の人は下着を付けず、着物の下は「おこし」という布を巻いて下着代わりとしていましたが、現代人は締めつけ過ぎて、よけいに黒ずみを招いているのかもしれません。

・界面活性剤の入ったボディソープなどは避けて、弱アルカリ性の無添加せっけんなどで優しく洗いましょう。

・具体的な対処方法としては、デリケートゾーン専用の美白クリームを使用したり、レーザーで消す方法もあります。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみは、必要以上に気にせず自分のできる範囲でケアしましょう。

レーザー治療などを受けるにあたっては、すべてが自己責任となるので、よく調べて検討することが大事です。