健康な大人の女性は、膣内もバリア機能が働き少々のトラブルにも負けません。

しかし、風邪をひいたり疲れて免疫力が低下すると自浄作用が弱まって、汗や尿、便などが原因となり、雑菌が繁殖してしまいます。

デリケート部分の常在菌について

健康な成人女性の膣内には、デーデルライン桿菌がいて、外から侵入してくる雑菌を防いでくれます。

ところが、何らかの原因で全身の抵抗力が落ちると、膣内の自浄作用が低下してしまいます。

すると、尿道やお尻のまわりについた大腸菌やブドウ球菌などが膣内に侵入してきて、膣炎をおこしてしまいます。

また、デリケート部分の常在菌は、風邪などで抗生物質を飲み続けた場合に、本来の治療目的以外に膣内の常在菌までやっつけてしまうので、カンジダ菌などが増えてしまいます。

雑菌が引き起こすリスクについて

雑菌の中にはカンジダ菌やトリコモナス菌などが含まれており、感染すると痒みやヒリヒリした痛みが伴います。

女性特有の感染症に感染していても、自覚症状がなく進行する場合もあるので、不安を感じたら早めに婦人科を受診しましょう。

カンジダ膣炎とは

膣炎の2~3割がカンジダ膣炎です。

カンジダ菌はカビの一種で、誰の体にも棲みついていますが、免疫力が低下するとカンジダ膣炎にかかってしまうことがあります。

クリーム色の酒のカスのようなおおりものが下着につき、生臭いようなにおいと痒みが特徴です。

トリコモナス膣炎とは

トリコモナス膣炎は、微生物の原虫の一種に感染することで発症します。

臭いの強い泡状のおりものが増えて、膣や陰部の強い痒みを伴います。

トリコモナス菌は、トイレのタオルや便座カバーからも感染するため、使い捨てのものを用いる必要があります。

性感染症を引き起こす原因

・疲労やストレス、病気などで免疫力が低下したときに、感染症にかかりやすくなります。

・トイレで用を足した後、後ろから前に拭くと雑菌がつき感染することがあります。

・閉経後は卵胞ホルモンが減少するため、膣内の分泌物が減り自浄作用が弱まるので、感染症にかかる率が高くなります。

まとめ

デリケート部分は皮膚が薄く、雑菌が繁殖しやすいところですが、清潔にしなければと思い洗いすぎると、常在菌まで洗い流すことになり、返って治りにくくなります。

トラブルがあるときは、通気性のよいゆるめの下着をつけ、ガードルなどもはかないようにしましょう。

また、我慢せずに適切な治療を受けることが大事です。